「全損」とはその名の通り車の全機能が壊れてしまった状況で結果的に走行が出来ないというような車としての役目を果たせなくなった状態で使用されますが、自動車の保険での全損はちょっと異なった内容が込められていたりします。

自動車保険における乗用車が壊された場合では《全損と分損》の区分され、「分損」は修理費が補償金内でおさまる状態を言いその場合とは反対に『全損』とは修復の費用が保険額を上回ってしまうケースを言い表します。

通常では、修理で『全損』という場合車の心臓、エンジンに修復できない破損を抱えていたり車の骨組みが変形して直すことが不可能である為、再利用か廃棄と判断されるのが常識です。

けれど、車の事故の後に販売会社や保険屋さんがその修復の費用を見積もりした状況で、どんだけ外観がきちんとしていて直すことができる時でも修理の費用が保険額よりも高かったら何を目的として車の保険に加入しているのか分からなくなりそうです。

こういう場合では、《全損》と決めて愛車の権利を車の保険の会社に譲渡し保険額を受けとるようになっています。

かなりの時間運転した自分の車で執着があり自分でお金を出して直してでも使用したいと思う方は多数いますので状況にて自動車の保険屋さんと確認しあうといいかもしれません。

なお、自動車保険の中にはこういう事態が考えられていて車両全損時諸費用補償特約等の『全損』のために特約が設けられている状況がいっぱりあり、万が一自家用車が全損となった場合でも新車購入などの諸経費を一部分でも負担してくれる時も存在します。

なおかつ盗まれた際の補償額の特約をつけているならば盗まれてしまった乗用車が発見されない状態でも《全損》となり保険が適用される決まりになります。