外国為替市場介入(為替介入)というものをご存知ですか?日本銀行が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞、雑誌記事、テレビのニュースネットなどのニュースでチラリと見た方も多いと思います。

最初から外国為替平衡操作(為替介入)というのは我が国では、大臣(財務大臣)為替レートの安定化を実現できるように施行する方法ということで位置づけられています。

要は、極度の円高、円安になった際に財務大臣の用命によって中央銀行(日本銀行)円の売買をして円相場の安定性を狙う、ものです。

為替介入には方法があるのです。

1.単独介入・・・行政や中央銀行(日本銀行)が東京での市場において直接市場に加わり為替介入(外国為替平衡操作)をする。

2.協調介入・・・複数の銀行などが話し合い各々の通貨当局のお金を使ってみんなそろってまたは続けて外国為替平衡操作(為替介入)を実施していく。

3.委託介入・・・他の国の銀行などに為替介入(外国為替市場介入)をお願いする。

4.逆委託介入・・・日本銀行が国外の銀行などに代えて為替介入(外国為替市場介入)を実施する。

こういった種類があります。

いずれの外国為替市場介入(為替介入)も短期に、しばらくの間為替にとても影響を与えると思います。

為替介入のお金はさすがに自国の面子をかけているのですから桁外れです。

円を例にみると、日頃は数銭単位で動く円相場が突如大きく変化をするのです。

個人の投資家の方なら一度くらいは経験があると思うのですが、これまではスムーズに含み益(あるいは損失)が多くなっているポジションをキープしていたところへ、維持している保有高が決済となりましたとの内容の報告が業者からEメールが来ました。

どの程度儲かったのかな(損失が出たのかな)?と気にしつつ決済の状況を確認したところ、自分が予測していた状況とはまったく逆の事態で驚いてしまったといった話がよくあります。

為替の介入が実施された場合によくあることなのです。

この例のように外国為替平衡操作(為替介入)が施行されると、為替の動向と反対の変化をすることがわかりました。

しかも変動する金の範囲は非常にでかく変わりますので用心が必要なのです。