特定調停も任意整理と同じように、それぞれ債権を有する者に対し借金の支払いを続けることを選択した借金を整理する手だてのことです。わかりやすくいうなら裁判所がやる任意整理と考えればいいでしょう。特定調停も任意整理による解決と同じく自己破産とは違って一部分のお金のみを処理することになるので他の保証人がいる負債額を別として整理する時やクルマのローン以外について検討したい際等においても使用することも可能になりますし、財産を処分することは求められませんので、マイカーや不動産などの財産を所有していて放棄したくない状況でも選択肢になる債務整理の手順となっています。後々返済が必要となる額と現実として可能な給与等の収入を比較し適切に返済が見通せるようである場合は特定調停の処理を進めるほうが良いといえますが、破産申告と違い負債そのものが消滅するわけではありませんので、借りている総額が大きい場合においては、この方法での選択をするのは難しくなるということになります。あと、特定調停による解決は裁判所が介入するので専門家にお願いしなくても不利になることはないという点とか、金額を減らせるという益は良いのですがお金の貸し手からのきびしい催促に自分で回答しなければならない点や、所定の裁判所に何度も行くことが求められる等の要素もあります。さらには、任意整理による処理と比べると、最終的に和解が成立しない際には年利をそのままの金額で振り込んでいくことになるということや結果的には債権を持つものに対し返済する額が任意整理による方法の場合と比較して高くなる傾向にあるという留意点もあります。