特定調停というのも任意整理と同じように、おのおの債権を持つものに対し債務の返済を続けていくことを前提とした借金を整理していく選択になります。わかりやすくいうなら裁判所が間に入る任意整理となります。任意整理による手続きと同じように、破産宣告とは違い一定の借金だけを処理していくことが可能なため、他の保証人が関与している借入を除いて整理をする際や自動車ローンの分を除き検討していく場合などでも適用することも良いですし築き上げてきた財産を手放してしまうことが求められていないため自動車や住宅などの資産を所有していて、放棄してしまいたくない場合においても活用できる借金整理の手続きといえます。いっぽうで、手続き後返済していく額と実際としての給与等の収入を検討し、適切に完済が見通せるようならばこの方法で手続きを進めるほうが良いといえますが、破産と違って返済義務が消滅するという意味ではありませんのでお金の総量が巨額な状況ではこの方法で選択肢を選ぶのは困難になるということになります。いっぽう、裁判所が介入することになりますので専門家にお願いしなくても不利な立場に立たされるようなことはないという点やお金を圧縮できるという良いところがありますが貸方からのきびしい取り立てに債務者自身が対処していく必要がある点や、裁判所に何度か通う必要があるというような注意点もあります。くわえて、任意整理による解決との比較になりますが、調停が終わる段階で解決が得られないといった場合は求められている利息をそのままの計画で渡していく必要がある点や最終的にそれら債務者に対し返済する合計が任意整理より割増しになることが多いというような注意が必要な点もあります。