任意整理とは一般には借金の整理とも言われており、おのおのの貸方に対して借金の返済を行っていくことを前提とした借金整理の手順のことです。普通の手続きでは司法書士有資格者あるいは弁護士が債権を持つものとあなたとの中に入って、利息制限法に照らして利息の再適用を行って再計算した借りているお金の元金にかかってくる利子を少なくすることによって3年ほどの期間で返済する借金整理順序です。この手順を踏む場合は簡易裁判所等をはじめとする公の機関が関係することがないためこれとは異なる方策と比べると、手続きしたときにおける不利益があまりなく、方策自体が借金をしている人に最もストレスになりませんので、一番初めに検討してほしいやり方でもあります。また、お金の貸し手がサラ金業者などの高い利子だったら利息制限法という法律で決まっている貸出金利に加えて返した利息においては借金の元金に充てると考えて借入元金それそのものを減額することだってできます。ということから、消費者金融といったようなとても高い借入金利を取るところへある程度長い期間返済している例ではけっこうな金額を減らせるようなこともありますし、10年以上続けて返してきた場合には負債そのものが消滅してしまうこともあります。借金の整理の利点を挙げると、自己破産とは違い一部分のお金だけを整理することになりますので保証人が付いている借入金以外だけを整理していく際や住宅ローンを除き処理していく際などにおいても検討することもできますし、全ての財産を処分することは求められませんので、クルマや土地などの自分の資産を保有していて処分したくない場合などでも活用できる借金整理の方法になるでしょう。しかし、手続きを取った後返済が必要となる額と実際としての所得を比較しある程度返済が見通せるのであれば手続きを取るほうが良いですが自己破産とは違って返済義務そのものが消滅してしまうということではありませんので、負債の量がかなりある状況の場合、実際的には任意での整理の手続きを進めることは困難になると考えるのが無難でしょう。