任意整理というのは一般には負債整理とも呼ばれていてそれらの貸し手への借金の返済を継続することを選択する債務整理の方法になります。一般的な手続きですが司法書士有資格者それから弁護士有資格者債権者とあなたの仲介をして相談し合い法律にかんがみて適切な利息計算を行ってもう一度計算しなおした借入金の元金についての利子を削ったことによって3年前後の期日をめどに返済をしていく債務の整理の方法です。任意整理にはいわゆる裁判所などといった公的な機関が処理しないためこれ以外の手続きと比べた場合でも選択した際のリスクが小さく方策は依頼者に負担になることがないので、ここから考慮するようお勧めする対策といえます。さらに、債権を持つものがサラ金などの高い金利だった場合は利息を制限した法律で決められている金利以上に払い込んだ金利にあたっては借入金の元金に適用できると考え借入金の元金そのものを少なくすることだって可能です。ですから、サラリーマン金融みたいな大変高額な金利のところに長い期間返済を続けているケースだと予想以上の金額を減らせるような場合もありますし10年くらい返し続けている場合には借金自体がクリアーになる可能性もあります。債務整理のメリットを挙げると、破産宣告とは異なり一部分の負債だけを整理することが可能ですので、他の保証人が関与している借入金を別として処理したい際や住宅ローンの分以外だけを検討していく場合等でも申請することが可能になりますし、全ての資産を処分してしまう義務はないので土地などの自分名義の財産を持っていて、手放してしまいたくない状況であっても活用できる債務整理の方法です。ただし、後々の返済額と実際としての収入額を検討して、だいたい完済が見通せるようならこの方法で手続きを取ることに問題ありませんが、破産宣告とは違って負債そのものがクリアーになるのではありませんのでお金の額が大きい場合などは、実際問題として任意による整理の方法を取るのは難しくなるということになるでしょう。